梨改め京成直通初の更新車8816編成

新京成と料理レシピと架空鉄道設立準備と

【屋根上を観察】考察~冷房装置&パンタグラフ

鉄道車両の屋根上には欠かせないパーツ。言うまでもなく冷房装置とこれは非冷房車時代からすっかりお馴染みなパンタグラフ。架空鉄道車両のイラストを描く時の参考資料(?)にでも役立ててもらえれば幸いです。

 

 

 

冷房装置

現実にある車両の冷房装置を見てみますと(通勤車両に限る)S40年代に登場した試作冷房車では冷房装置の形状や性能を比較するために国鉄103系の試作冷房車でもそうだったように集中形があれば1両に5~6個も搭載されている小形分散形もあったりと通勤車両では停車頻度やそれに伴う室内旅客の流動、車体形状で言えば片側のドア数、窓の開閉可能の可否など特急車両と比べたら冷房化も通勤車両と特急車両とではやり方を変えなければならないことは明らかで、そのために通勤車両の冷房化に当たってはまず、何タイプかの試作車を新規製造なり改造なりで登場させてその効果や冷房装置取り付けに当たって効率よく取り付け可能な形状だとか保守時の合理性、取付時のコストを確認してから量産冷房車が登場してくるわけですが、量産冷房車では試作冷房車でもっとも結果が良好であったタイプが選ばれて、その形状もまた国鉄通勤、近郊形車両のように改造車も含めて集中形(冷房準備工事車では集中形で冷房化を施工することが前提で集中形冷房装置が搭載されている箇所付近の屋根上に塞ぎ板が乗っていた)だったり、大手私鉄などのように外見上こそ分散形でも室内側の天井は国鉄の集中形冷房装置搭載車のように冷風を送るダクトがあったり平天井になっていたりするケース(ex東武8000系とかほか多くの私鉄通勤車両etc)もあれば、外見上がそうなのだから室内側も冷房装置のある真下のみに冷風吹き出し口があるケース(ex京成系列の鉄道会社の初期冷房車などで見られる)、2~3基の分散冷房装置を1つのキセにまとめたケース(ex小田急の中期~3000形登場以前の冷房通勤車両とか近鉄通勤車両とか新京成8800形にも見られる)とかで国鉄系と比べたら私鉄のほうが形状にバリエーションが豊富でした。しかし、最近では車両製造メーカーの標準仕様とか地域全体での考え方とかで、大手私鉄の場合、関東では集中形が、関西ではJR西日本の通勤・近郊形車両も含めて専ら2分散形が採用されているようです?関東で集中形が多いのはとにかく1両でも多くの車両を製造するにあたり効率的な製造方法と低コスト化を狙ったため、一方で関西で2分散形が専らなのはJR西日本も含めてそうらしいのだが万一の故障した際の予備的な備えとか見栄え(かどうかはわからないが?)、関西地方の鉄道事業者共通の考え方、信念からかと思われます?

 

冷房装置一つとってもその鉄道会社の考え方や信念が伺えてきます。いずれにしても室内の扇風機の併用の有無を冷房装置の形状とともに架空鉄道車両の設定に取り入れても面白いです。

 

 

 

パンタグラフ

こちらは、冷房車が登場するずっと以前のまだ非冷房車の時代からすっかりお馴染みな屋根上を代表するパーツで、電気を動力とする電車の非常に初期の頃は路面電車のような集電ポールから始まり(実際、山手線の最初に登場した電車にはこの集電ポールが使われていた)、連結運転するにあたり集電ポールが邪魔になることから菱形のパンタグラフが登場します。菱形パンタグラフからさらに進化したものが下枠交差形パンタグラフで小形化や省スペース化が図れることが特徴で実際、関東地方の大手私鉄では京成系列の鉄道会社で界磁チョッパ制御車が登場し始めた頃、回生ブレーキ対策でパンタグラフを2基搭載する必要があったものの、冷房装置は分散形を採用していたために従来の菱形パンタグラフのままだと屋根上の冷房装置搭載スペースがなくなってしまうことから省スペース化を図ることが可能な下枠交差形パンタグラフが採用されました。一方で、京急で同じく回生ブレーキ付き界磁チョッパ制御を採用した800形ではパンタグラフのある車両と中間車では冷房装置のほうを集中形にすることによってパンタグラフとしては菱形で統一させていました。屋根上スペースの関係上、「パンタグラフを工夫するか、それとも冷房装置を工夫するか」の考え方の違いもまた面白いところ。ましてやこの両者が同じ都営浅草線でつながってるところも興味深い。

 

ここで、新京成の車両に取り付けられてるパンタグラフについてのことの話ですが、タヌキくんこと8000形以降の各形式ではパンタグラフ搭載車はすべて2基搭載されていることに気が付きますね?新京成の現行車両では全車VVVFインバーター制御車化が図られてる上、回生ブレーキを使う際の離線対策からです。タヌキくんが下枠交差形(8506編成以降の編成)、8800形が一般的な菱形、8900形以降ではシングルアーム式ですが、8900形のみは登場当時、まだシングルアーム式が本格的な実用化がされてなかったのでEF200などで採用されていた形状のものが搭載されていました。N800形以降はシングルアーム式も当たり前の時代になってたので標準的な東洋電機製のものとなり、8800形の改造編成にも採用され、8900形でも近年の更新工事施工時に東洋電機製のものへ交換されました。

 

時代は冷房車が当たり前になってきてる上に、その冷房装置も合理的な形状になってくる一方で、パンタグラフのほうも進化がさらに向上、横から見ると「く」の字形をしたシングルアームパンタグラフが登場します。シングルアームパンタグラフの特徴は軽量化が図れること、保守にも手間があまりかからないこと、雪などの重みに強いこと、そして何よりも形状が非常に合理的であることです。最近の新製車は当たり前のように採用されてる上、従来からあった車両でも多くの鉄道会社で菱形などからシングルアーム式へ交換されてることも多く見られるくらいの勢いです。パンタグラフ周りには主人公的なパンタグラフのほかにも真横からのイラストから見る分にはわからないかと思いますが配線とか、これはイラスト上でも描き入れることができますがフューズボックスをパンタグラフ付近に取り付けてもよいです。実際、地下鉄車両とか地下鉄直通用という想定の車両ではフューズボックスがパンタグラフ付近の屋根上に取り付けられてる場合が多かったので。パンタグラフのみ描くのではなくパンタグラフ付近にフューズボックスも描くとより賑やかな屋根上になります。そういえば、新京成の車両でもパンタグラフ付近にフューズボックスが取り付けられてたような?

 

このシングルアームパンタグラフもまた、関東では効率の良い合理的な形状からこぞって採用したり交換されたりしてる一方で、関西では昔からの高速運転時の信頼性などからむしろシングルアームパンタグラフはあまり採用されず、下枠交差形パンタグラフなどが主流でしたが、こちらもまた現在では関東同様にシングルアーム式を採用することを方針にした鉄道会社が増加してるようです?

 

中にはこれは従来形の菱形パンタグラフですが関東の相模鉄道(相鉄)の車両では驚くべきことが見られました。それは比較的新しい車両でも戦前に設計されたPS13形パンタグラフを採用していたことです。相鉄によれば架線からの離線が起こりにくいという理由だったそうです?

 

パンタグラフもまた架空鉄道車両に取り付ける時にどういう形状にしようかを考えるのは面白いです。高速走行時の離線の起こりにくさとか見栄え、共通部品化といった標準性や保守の合理性、積雪時の対策やその鉄道会社の考え方とかの設定で、一番面白いのは新しいほうに数えられるE231系設計ベースの車両に戦前設計のPS13形パンタグラフの組み合わせがの車両でしょうか?

【室内写真】8900形もついに撮影できました

昨日の会社への出勤時、土休日ダイヤだったので朝のいつものも京成直通非対応編成グループが入れる運用だったことで8900形がやってきました。京成津田沼到着後、土曜日の朝ということでほとんどお客さんのいないところという環境だったので8900形の室内写真も撮影してきました。

 

f:id:sicvf8816:20210501165103j:plain

室内全景

ドア脇の立ち客と座ってる客戸を仕切るための袖仕切りも今時の座ってる時で言う肩の高さまである大形のものではなく国電~JRの201系や205系などでもお馴染みな形状がいかにも1990年代に設計された車両ということを物語ってますね?

 

今では半ば新京成でも標準になりつつある三角形の吊り手もここ8900形が発祥。そのあと、新京成にとっては次作に当たる車両でも、設計そのものは親会社の京成新赤電こと3000形と共通なN800形でも三角形の吊り手は受け継がれました。

 

床のフットラインもこの当時流行した室内デザインの一つでしょうか?N800形にはフットラインは入ってなかったような?

 

 

 

f:id:sicvf8816:20210501165123j:plain

車両設計の時代の変貌がわかる1ヶ所

タヌキくんこと8000形、8800形(未更新編成)ではこのようなパネル式の袖仕切りではなくパイプで組んだのみ(タヌキくんは国電103系などと同じオーソドックスな荷棚から真っ直ぐ下へ縦パイプが降りてくる形状、8800形はかつて京急旧1000形等で見られた形状に近い曲げたパイプ+荷棚から降りてくる縦パイプの組み合わせ)、8900形でようやく袖仕切りがパネル式併用とはなるもののパネルの高さが低く、いかにもドア脇に立ってる人と座ってる人がぶつかってしまいそうな造作ですね(冷汗)。N800形の袖仕切りが一番最高かと思いますよ?最新形80000形では袖仕切りのパネルこそ大形でなあるものの半透明のアクリル板がはまってるためにそこが今一つでしょうか?

【京成本線運用へ転用】旧成田スカイアクセス線の3050形による快速|京成上野行き

今朝の会社への出勤時にまたしても見かけました。

 

f:id:sicvf8816:20210501165016j:plain

京成本線へ転用された旧アクセス特急用3050形3051編成

帯色を変えても車両番号は変えられませんからね?ww

 

今年度もアクセス特急用に3100形が増備されればこれまでH22年7月の成田スカイアクセス線開業以来活躍し続けてきた3050形もいよいよアクセス特急からは完全撤退し写真のような通常京成色で統一されることになるでしょう?アクセス特急向けの置き換え完了後はいよいよ3100形の通常京成色も登場し、新たに普通(「各駅停車」とか「各停」と言ったほうがしっくりとくるのですが?)用として6両編成の増備も加わるかもしれませんね?私としては、6両編成は主に各駅停車用なので京成の各駅停車といえば大昔、旧形の釣り掛け駆動式の車両も交えた濃淡の緑色の塗分けをしたいわゆる「青電」塗装の車両があり、「各駅停車=青電」というイメージから新しい3100形も各駅停車で使うことを強くアピールするためにグリーン系の帯を巻いて登場させていいかな?と思うのですが?いかがでしょう京成電鉄さん。

【平日ダイヤの日は絶対に乗車不可】8900形にも「ツインステッカー」貼り付け確認

今日は昨日に続き会社への出勤ですが、今日から来週の5月5日までは土休日ダイヤでの運転のために朝の出勤時にいつも乗ってる電車も京成直通非対応グループとしての代表8900形や登場当時の化粧板ドアを8801編成とともに令和の今に残してる8805編成、京葉ガスラッピングの8806編成、最新形80000形といった京成直通非対応編成も使える運用になるので、平日ダイヤの日ではやってくる編成も「8800の京成直通対応編成orN800形」の2タイプに限られるところ、土休日ダイヤの日だったらそもそも新京成保有してる26本すべてがやってくることになり「何がやってくるのかお楽しみ」といういわば井の頭線状態になりますね?

 

今日やってきた編成は8900形の8928編成で、玉川石材さん側の例の位置のドアには「ツインステッカー」が貼られてました。スポンサーは先に確認してる8800形の8811編成と同じところでした。

 

f:id:sicvf8816:20210501164948j:plain

8900形でも掲出開始された「ツインステッカー」

電話番号は例によってジェルトピンクの線で塗りつぶしてあります。

 

 

 

f:id:sicvf8816:20210501164923j:plain

「五香たかね」の中吊りと一緒に撮影

 

 

 

f:id:sicvf8816:20210501165038j:plain

京成津田沼にて

今日は、なんとまぁwwこの時間帯に2本続けて8900形が走ったことに。平日ダイヤの日でこそ、6時台半ば以降から新津田沼止まりが走り出し、その中に京成直通対応編成専用の運用が含まれてることがあり、京成津田沼の時点で写真のような「8900形の2本並び」が見られることもありますが、日中時間帯はこれも一切叶いません。ただ、京成直通対応編成となっている8900形の次のモデルであるN800形についてはどの運用でも使用可能なために、時として京成千葉線直通運転を行ってる日中時間帯でも「N800形の2本並び」だったら見ることができます(下の写真)。

f:id:sicvf8816:20200519221049j:plain

おまけで~N800形の2本並び

この写真はまだ京成千葉線直通をやってない平日朝の時間帯での撮影ですが、何と、N800形のトップ編成とラスト編成の並びが見られました。

 

8900形の話に戻るのですが、京成津田沼で改札を出てから会社のバスに乗る場所までわざわざ踏切を渡る必要がある北口を回ったらちょうど6番線にいた8918編成が出発するところでったので8918編成の室内を踏切から見たら、8918編成でも玉川石材さん側の例の場所のドアに「ツインステッカー」が貼ってありました。今日乗ってきた8928編成とは別のスポンサーでしたが、そのスポンサーがどこなのかが・・・?ちなみに、8800形の8804編成でも「ツインステッカー」が貼られてますが、こちらのスポンサーはN858編成とは別のところの塗装業の従業員募集の広告です。

 

 

 

【鉄道むすめの聖地訪問Vol2】昨日の会社帰りに「五香たかね」のいる五香へ

昨日の会社からの帰り、最初、いつも乗ってる電車に乗れたら、もうそれで帰り、あとはもう何も予定がないところでしたが、京成津田沼までの会社の送迎バスが道路渋滞にはまってしまい遅れたのでいつものには乗れず、その次の13:49発の松戸行きにのることになりました。これで真っ直ぐ帰ってもよかったかもしれなかったのですが、「どうせだったら」ということで今、新京成初の「鉄道むすめ」登場を記念して特別装飾されてる五香駅に行ってみたくなりました。昨日はまだ月が変わる前で、写真のファイル利用容量が10%を超えてしまう(PROにしたら無制限で画像ファイルが利用可能)ことから昨日はまず乗った電車の運転席と五香駅の改札口の写真のみ先に載せました。

 

ここからは昨日、撮影した写真を載せてまいります。

 

f:id:sicvf8816:20210501164246j:plain

f:id:sicvf8816:20210501164310j:plain

f:id:sicvf8816:20210501164336j:plain

駅名標をいろいろと角度を変えて撮影

 

 

 

f:id:sicvf8816:20210501164401j:plain

f:id:sicvf8816:20210501164529j:plain

エレベーターへの案内表示にも「五香たかね」がご案内

 

 

 

f:id:sicvf8816:20210501164618j:plain

柱の駅名標には下のほうに「五香たかね」がいますよ^^)

 

 

 

f:id:sicvf8816:20210501164641j:plain

「五香たかね」をアップで撮影

 

 

 

f:id:sicvf8816:20210501164711j:plain

ホームの別の場所にある駅名標

 

 

 

f:id:sicvf8816:20210501164740j:plain

ホームの方面案内

 

 

 

五香駅での駅名標などの看板に「五香たかね」のイラストが描かれてるのは8月末日までとのことですが、まだ3ヶ月はありますからこれからじっくりと楽しんできましょうね^^)今度、五香を訪れた時にはぜひとも改札を出て駅の入り口などの改札外の看板も撮影したいですね。

 

【鉄道むすめの聖地訪問】今日の会社帰りに五香へ

今日はゴールデンウィーク中とはいえ、飛び石的な平日で会社からの帰り、道路が混んでて会社の送迎バスが遅れ京成津田沼からいつも乗ってる13:39発の京成千葉線からの直通松戸行きにちょうど駅に着いた時に出てしまい、その次の京成直通非対応編成でも入れる運用の13:49発に乗ることになったのですが、この時、これが80000形だったのです。80000形は今のところ1本しかありませんが、今年度もう1本(80026編成)が登場予定?80000形にも玉川石材さん側のドアにはツインステッカーはありませんでした。でも、ここでちょっとこれからの予定を弄ってまっすぐ帰宅というルートを取らずに、4月21日に登場した新京成初の「鉄道むすめ」こと「五香たかね」のイラストが五香駅駅名標に描かれているとネットに出てたのでひょんな思い付きですが行ってみました。

 

f:id:sicvf8816:20210430174452j:plain

80000形の運転台

 

 

 

五香に到着したら早速駅名標などの看板に「五香たかね」の可愛いイラストが描かれてたのでいろいろと撮影してきました。「五香たかね」のイラスト付き看板は駅の改札外にもあるのですが、今日はこれからまた住んでるところである船橋市内方面へ引き返すためにいったん改札を出てしまうと電車賃が無駄になるので改札を出ない範囲での撮影に留めました。

f:id:sicvf8816:20210430174520j:plain

今日はここまで~五香駅改札口

今日の撮影はここから出ない範囲で。「五香たかね」のポスター(電車内の中吊り)のところを、新京成電車の色で囲ってあります。撮影後に今度こその帰宅で乗った編成が驚いたこと朝、出勤時に乗ったのと同じ編成(ドラゴンボールこと8803編成)でした。同じ日にまさか同じ編成に2回乗れたことはあまりないですよね?会社の行き帰りで乗ってる区間では「いつも乗ってる電車の集うところ」までは見ることができませんが、今日は「新京成電車のお家」ことくぬぎ山よりも先まで行ったので、特に帰り道に登場当時の化粧板ドアを今に残してる8801編成とか京葉ガスラッピングを施されてる8806編成、そして最後まで残ってるタヌキくんこと8512編成といったネタ編成が軒並みくぬぎ山で寝てるところを見かけました。この時乗ってた8803編成もまた昨年の今頃は「まもなく更新工事が完了し、もうすぐ営業運用へ復帰の時」を通りかかったくぬぎ山で待ってた頃でしたね?この年はそのあと、8813編成も更新工事施工でしたからね?

【架空鉄道車両イラスト】イラスト弄りしてました

一昨日から珍しく会社の仕事が3連休で今日はその最終日。名残惜しいですね・・・せっかくの3連休でしたので架空鉄道車両のイラストをちょこまかと弄ったりしてました。

 

車両の前面部(お顔)のイラストでは原形の大目玉ヘッドライトからいわゆる「ブタ鼻」といわれるシールドビーム化改造車や前面部非常口を設けたものを描いてみました。原形の大目玉から「ブタ鼻」ライトへ改造された車両ではいくつかの種類がありますが、私はやはり国電101・103系初期形とかのような形状が好みです。国鉄系では気動車でこそほかのタイプの「ブタ鼻」ライトはありますが(国電101系などのように大目玉1灯の前面を持ってるキハ10系とかキハ35系などのシールドビーム化改造がそんな代表例で、キハ35系では国電101系などと同じ形状の「ブタ鼻」ライトも見られた)、電車の場合は101・103系などで見られるタイプのみです。前面部に非常口を設けたものには非常口を挟んだ左右の窓部分をやや凹ませてるところを再現してみましたが、この凹ませてるところは現実世界での新京成8000形「タヌキくん」などのように暗めの色を塗らない手はないですね?

f:id:sicvf8816:20210429151132p:plain

左側から順に仕様変更の変貌がわかるように並べてみました

 

 

 

側面イラストでは量産冷房車として登場した想定の車両の冷房装置をどんな形にしようか考えましたが、複数個の分散形冷房装置を1つのクーラーカバーでまとめたタイプ(小田急の旧世代通勤車とか新京成8800形の冷房装置あたりを参考)にしてみました。もう一つ、描いてみたかったネタとして片側5扉の車両もやってみました。これも側面部の「コピー」と「貼り付け」の繰り返し、それに幕部の種別・行先表示器と車体下部の車外保守用ドアコックの移設です。現実世界でも片側5扉の車両は京阪電鉄の5000系とか京王電鉄の6000系の最終増備車、東京メトロ日比谷線03系、東武鉄道20050系とかがありますが、近年は通勤時間帯の混雑も緩和傾向にあること、もう一つ、駅へのホームドア設置などに際しドア間隔が基準に合わないことが多発したことからこういった5扉車とかJR東日本で盛んに登場していた6扉車といった標準的な片側4ヶ所を超えた数のドアがある「多扉車」と呼ばれる車両も最近では使い勝手が悪くなりほぼ姿を消しつつあります。今回描いた5扉車は20m級車両の想定でドア間は日比谷線在来車(メトロ03系、東武20050系)は18m級だからドア間は戸袋窓としての側面窓になってしまって仕方ないのですが、20m級車両だったら戸袋窓なしで通常の開閉可能窓1個という側面見附けにするのが一般的で、そこへさらにドアの両脇に戸袋窓がある側面はうるさく見えます?戸袋窓を設けるか、それとも設けないかの判断もまたその鉄道会社の考え方とか信念が見えてくるところで、はやり私はどちらかというと戸袋窓のある両開き扉は国鉄~JRの近郊形を除けばあまり好みではなく戸袋窓のないすっきりとした車体が好みです。?5扉車を想定した車両のイラストでは片側5ヶ所あるうちの2ヵ所はラッシュ時間帯のみに使われるという想定で、日中にも使われるドアと区別するためにドア部全体を車体下部の色で1色塗りにしてみました。このあたりは京阪5000系の発想そのものですが、室内はラッシュ時間帯にしか使われないドアの部分にも座席は降りてこない設定にしてます?

f:id:sicvf8816:20210429151200p:plain

まるで京阪5000系さながらな5扉車両

ラッシュ時間帯専用ドアの小豆色1色塗は目立ちますね?